やなぜ苑 スタッフブログ

やなぜ苑での日々の出来事やスタッフの想いを更新中。

RUN伴2018 ~チームやなぜ~

RUN伴(ランとも)は、今まで認知症の人と接点がなかった地域住民と、認知症の人や家族、医療福祉関係者が一緒にタスキをつなぎ、日本全国を縦断するイベントです。

RUN伴

やなぜ苑の職員も、チームやなぜとして、RUN伴に参加しました。
IMG_2334

IMG_2336

IMG_2342

チームやなぜは、ものがたり診療所庄東から、庄東デイ、やなぜ苑を出発し、砺波駅まで走ります。

IMG_6581

第1回 居宅介護支援事業所合同事例検討会

10/5 (金 )14:00~ 市役所にて開催され参加しました。砺波市の4事業所の職員20名が参加しました

検討内容は、「サービス利用時や入院時に、緊急連絡先、身元引受人がいないためサービス利用ができない。そのような時どう対応するか。」について意見交換を行いました

181005_141257-1067540

181005_141302-1050483

困難な事例だけに、真剣なまなざしで話し合っていました

181005_144356-1081156

話し合った意見は、発表しました

181005_144719-1003177


グループごとにいろんな意見があり、皆さん今後の支援に役立てたい。話しておられました。
今後も年に数回、このような会議を行い、よりよい支援ができるよう頑張っていきます


支援センター 主任相談員



がんばってこよまいけ

富山県老人福祉施設協議会 第29回レクリエーション大会


秋雨の降る中、富山県総合体育センターにて施設対抗のビーチバレーボール大会に参加しました。

今年は、ユニホームも新調しましたし、気合の入り方が違う・・・はず・・・

 
IMG_6566

IMG_6565



そして、県内の特別養護老人ホームなど54施設が集まり、熱戦が始まりました。

「結果は欲しいけど、楽しもう。…ただし、絶対にケガだけするな

切実な願いを受けて、予選リーグ。

予定どおり(?)2位通過。昼からは決勝トーナメントにあがります。

ブログ用①


 「さ、目標は優勝のみ」と意気込んで、20分後・・・


IMG_6562

 

「ようやった。よう頑張った。・・・ようケガせんかった。」

 

労いの言葉が、朝の雨が嘘のような澄みきった秋晴れの空に吸い込まれていきます。

 

大会に参加されていた、近隣の施設の方々からも、大きな声援をいただきました。
本当に励みになりました。ありがとうございました。

社会に学ぶ“14歳の挑戦”

今年は、庄西中学校の女の子8人が、1週間がんばりました。

車イスの使い方から、乗って押されての不安感を体験してもらい、まずは介護を受ける立場に。

自分が感じた不安を相手に感じさせない、ならどうする…いろいろ考えましたね!(^^)!

 IMG_6440

IMG_6439

IMG_6441

IMG_6442


次は利用者の方とのコミュニケーションです。

利用者の方の名前をたくさん覚えることを課題として伝えていましたが、初日はなかなか…もう一つの課題として、共同作品づくりもお願いしてあります。作業を進めていくには協力していただかなくてはなりません。
さあどうする…、あいさつして声をかけていくしかないですね。
がんばりました(*^^*)

最終日、共同作品も無事に日の目を見ることができ、そして別れの時、利用者の方の涙ながらの感謝の言葉を受けていました。思いがけないプレゼントもいただきましたね。

一生懸命頑張っている気持ちが伝わったんだと思います。

 IMG_6446

IMG_6447

介護という仕事よりは、福祉を感じてもらえたと思います。

相手が喜んでくれる。その喜ぶ顔を見たい。幸せな笑顔を少しでも増やしたい。

このような気持ちが、私たちの仕事の根本にあります。

 

これからの皆さんの進まれる道で、少しでも笑顔が多くなりますように。

 

お疲れさまでした。

IMG_6456

IMG_6458



となみ庄川水辺ウォーク

第12回となみ水辺ウォークに、砺波福祉会の健康増進活動として職員も参加しました。
とても良い天気で気持ちよく歩くことができました。

IMG_2256

IMG_2258

秋はウォーキングのイベントがたくさんあります。
皆さんも、ぜひ参加してみてください。

こころちゃん劇団 with G~

社会福祉法人小矢部福祉会創立20周年記念式典が、10/4(木)にクロスランドおやべでありました。
そこでのアトラクションとして、こころちゃん劇団 with G~が出演しました。
今回は、こころちゃん劇団のメンバーに、松浦施設長をゲストに迎えた特別バージョンで、会場の皆さんに楽しく認知症について理解していただけたと思います。

こころちゃん劇団は、劇を通して楽しく理解していただける演目を準備しています!
ぜひ、サロンや会合等のご相談をお待ちしています。

P1030810

P1030809

P1030811

フェリーチェ弦楽四重奏団+ソプラノ 慰問

3回目の慰問となり、また「やなぜ苑の利用者の方に会える」と楽しみに来苑してくださったフェリーチェ弦楽四重奏の皆さん
今回は、ソプラノ歌手の方もご一緒に来苑してくだいました
DSC06263

DSC06274

DSC06272

馴染のある童謡や歌謡曲、唱歌等の演奏
綺麗なドレスのお姉さん方
利用者の皆さんは、自然に手拍子をしたり、口ずさんだり

楽しい演奏会になりました。
また、来年もお待ちしています

やなぜ苑まつり中止のお知らせ

9/30(日)に予定しておりました「やなぜ苑まつり」ですが、台風の接近が予測されており、ご参加の皆さまの安全を考慮いたしました結果、やむなく中止とさせていただきますことをお知らせします。

天候の都合とはいえ、楽しみにしていた方々には、ご迷惑をお掛けいたしますことをお詫び申し上げます。

今後ともご協力ご理解をよろしくお願いいたします。



     特別養護老人ホームやなぜ苑 施設長

~大道芸俱楽部~精力的に活動中!イエローガーデン石動さんにお邪魔しました

 私たち『大道芸俱楽部~ゆかことゆかいな仲間たち』は、バルーンアートの技を磨くことを目的に結成された
やなぜ苑のクラブ活動のグループです。ほかにもジャグリングや玉すだれ皿回しの道具も用意し、
時間があれば月1回集まって活動をしています。
(人前でご披露するには、もう少し時間がかかりそうですが…
 
 最近は、バルーンアートを使っての介護予防教室にお呼ばれしたり、市内のデイサービスや
幼稚園にお邪魔し、音楽療法を用いた音楽遊びを通して、楽しく歌ったり体操したり脳トレしたりする
機会が増えてきました
 
                 IMG_1878 
 (ある日の、左からマイク担当:高田、バルーン担当:小嶋、音楽療法・活動構成担当:日野)


 敬老の日を目前に控えた晴れた日の午後、特養”イエローガーデン石動”さんにお邪魔してきました。
今回が2回目の訪問でしたが、1回目の活動時に私たちの活動をとても気に入ってくださり、
今回は、イエローガーデン石動の職員さんとのコラボ企画になりました。

 演目は『浦島太郎』!!  はじまりはじまり~

b
 
 ”笑点”のテーマソング熱演中の干場看護師さん
今は亡き利用者様の好きだったという曲をこの日の為に練習してくださっていました

c

 オープニングでは”島唄”をバイオリンによる生演奏で…うっとりさせてくださった石川さん
この後、浦島太郎には全然関係ない曲もアンコール演奏してくださいました

                    IMG_1869
 いよいよ、メインの浦島太郎の紙芝居。臨場感たっぷりに読み上げる黒梅主任ケアマネさんです。急なお願いにも関わらず、ハロウィンパーティーの帽子をかぶってくださいました。

          d
 私たちは黒子に徹しました亀を裏で操る役と、砂浜で亀をいじめているガキ大将の役。
亀はもちろん、バルーンアートです


IMG_1893

 竜宮城で手品をしておもてなしをしている設定なんですが…
知っている職員さんがたくさん出てきて、利用者さんは大喜び永田看護師さん、似合ってましたよ~

a

 合唱や体操のときも、常に笑顔を絶やさない小倉さん
 初めての訪問のときに「私、手品したいんです!弟子入りさせてください!」と
力強く話してくださいました。
(もったいないお言葉をいただきました。おかげでコラボ企画のアイデイアが浮かびました。感謝!!)
 
 私たちが大好きな歌や踊り、バルーンアートを思い切り楽しみ、素敵な出会いも経験できるクラブ活動があるから、本業の介護業務も頑張れます

 次回は、福岡町の特養さんにお邪魔する予定です。素敵な出会いを楽しみにしながら、
プログラムを構成中…

 イエローガーデン石動のみなさん、ありがとうございました。
 

                      大道芸俱楽部~ゆかことゆかいな仲間達
                                                                                                                                        クラブ長  高田  

 
 









週に2回の楽しみ…

 やなぜ苑の本館は、野菜畑のある中庭を囲んだバリアフリーの平屋建て。苑内を1週すると相当の距離があると思われます

 デイサービスを利用される利用者様は、この環境をうまく利用され、看護師さんとの散歩コースに取り入れてくださっています。自分のペースで歩きながら、看護師さんとお話しし、すれ違う職員や利用者さんと立ち話もしたりして…。

 雨の心配もなく気分転換しながら、下肢筋力維持ができるのです
 

IMG_2220



 週2回、看護師さんとホームに散歩に行かれる利用者様。カウンターに背中を向けてパソコンとにらめっこしているケアマネさんに声をかけてくださいます。

 このケアマネさんがデイサービス勤務をしていた時からの顔見知りだそうで、顔を合わせるとお互い笑顔になられます

  「一生懸命してはるから、黙っていこうかと思っとった…
  
  「あ~、待っとったがですよ!

  「がんばっとるね~。あんまり無理しられんよ~」

  「顔見れたから、元気になりますわ~

  「いつも、ここ通るの、楽しみにしとるがやよ

握手して、優しい言葉をかけあって。週2回のほっとするひととき

 私たち職員は、利用者様を支援する立場にありますが、元気や勇気をいただくこともたくさんあります。

 これからも人生の大先輩である利用者様と過ごす1日1日を充実したものにしていきたいと思います。

やなぜ苑デイサービスセンター 
主任生活相談員  





  
 
訪問者
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • RUN伴2018 ~チームやなぜ~
  • RUN伴2018 ~チームやなぜ~
  • RUN伴2018 ~チームやなぜ~
  • RUN伴2018 ~チームやなぜ~
  • 第1回 居宅介護支援事業所合同事例検討会
  • 第1回 居宅介護支援事業所合同事例検討会
  • ライブドアブログ