やなぜ苑 スタッフブログ

やなぜ苑での日々の出来事やスタッフの想いを更新中。

新メンバーで頑張ります。

リスクマネジメント委員会が新メンバーでスタートしました。今年度から、リスクマネジメントと感染対策チームに再編して、効果的な委員会運営に努めていきます。
8月3日には、リスクマネジメント職員研修会を開催予定にしています。危険予知訓練なども含めた研修となる予定ですが、詳細な内容については早急に検討していきます。                                              
                                               
                                   リスクマネジメント委員会 委員長 岸川 香

地域行事

IMG_2568
 4月に砺波市出町地区の出町子ども歌舞伎が行われました。12月末からの長期にわたる稽古の成果もあり、多くの方々の支え、そして温かい拍手をいただきながら、無事に公演を終えることができました。
 私の息子は今回が2回目の出演となりましたが、親子代々引き継がれている、まさに伝統行事(富山県無形文化財の一つ)です。このブログで子ども歌舞伎を紹介するととんでもなく長くなりますし、また浅はかな知識での間違った伝わり方も怖いですので、もし、この記事を読まれて気になった方は、5月24日 14時よりチューリップテレビにて子ども歌舞伎の特番が放送されます。ぜひご覧になってください。

 ちなみに、子ども歌舞伎の次は砺波夜高祭り(6月12日・13日)が行われます。出町在住のお父さん方々は、寝る間も削り行灯の制作に携わっているものと思われます。目の下に隈が出るかもしれませんが、仕事には影響が出ませんように・・・

IMG_2675


 いろいろな地域行事に参加させていただき、あらためて人とのつながりの大切さを感じている今日この頃でございます。

やなぜ苑デイサービスセンター
統括生活相談員:水木

今日のやなぜ苑の花 10

P1000475

涼しげな花が生き生きとしています^^

栄養室だより

5月といえば・・・こどもの日ですね!!

ということで、5月5日の昼食は
子供が大好きなメニューの
カレーライス!!!

栄養室 5月



キザミ食の人もお粥にルーをかけました。

栄養室 5月


行事ごとにメニューを考えて
楽しく、美味しく食べてもらえうよう
栄養室はこれからも心がけていきます(。・ω・)ノ゙


                                栄養室 栄養士

「ゆずりは」と「やなぜの森」

やなぜの森 ゆずりは
  広報委員会では、毎月「ゆずりは」と年2回「やなぜの森」を作成しています
 
 「ゆずりは」は、各部署ごとに利用者の皆さまの行事や日頃の様子などをお知らせしています
 「やなぜの森」は、テーマを決めて特集コーナーを設けたり、法人全体の取り組みや職員研修会の様子をお伝えしています。

 毎日接することができる職員だからこそ、発見できる利用者様の素敵な表情やお言葉を、読者の皆様に少しでも知っていただこうと、内容の充実や見やすさ、読みやすさに心掛けています

 27年度の広報委員会のメンバーは、12名です。今年度も2つの広報誌を通し、やなぜ苑から情報発信していきます。広報誌をご覧の皆様からのご意見やご感想をお待ちしています

                                                                                                                               広報委員会

今日のやなぜ苑の花 9

DSC03895

お天気のいい日が続き、植物も元気
見ているだけで、元気がでますね。

『春は出会いの季節』



 今年度もやなぜ苑では、新しい職員の採用と人事異動がありました。私は、4月にデイサービスからホームに異動になりました。
 先日デイサービスの歓送迎会に誘ってもらい、楽しいひと時を過ごし、元気をもらって帰ってきました


DSC01053
                        
DSC01049

また、ホームの歓迎会を予定してもらっており、そこでも元気をもらって頑張っていきたいです
                               
                                          ホーム介護長

施設長コラムⅡ

昨年10月より、当苑の介護福祉士受験対策講座を受講された方々に朗報が届きました。喜びの声を聴くのは嬉しくもあり、安堵の瞬間でもあります。おめでとうございます。さて、今年は介護支援専門員試験に挑戦される方にとっては非常に厳しくなりそうです。地域包括ケアのスタートの年でもあり、大きな制度改正となりました。このような年は介護支援専門員基本テキストの発刊も遅れると思います。平成18年度の制度改正の年も受験対策講座は四苦八苦した記憶がよみがえりました。今年も、変更要点を記憶するだけでも大変なのに・・・。加えて、受験資格要件も変わり、また、出題数こそ増えませんでしたが、免除科目がなくなり全60問となります。ケアマネの質の向上とか云っていますが、ケアマネ需要が高まる中で間口を狭めるのは、個人的には如何なものかと思います。とにかく、受難の年を乗り切るには日々勉強しかないようですね!                                           

職員の安全と健康を確保していくために

労働安全衛生委員会では、職員一人一人が持てる能力を発揮して、生き生きと働けるようにしていくために、設備環境の整備や確認はもちろんのこと、制度の周知や健康づくり活動にも積極的にとりくんでいます。

今年度からは、特に腰痛予防対策にも力を入れ、法人から5名の腰痛指導者を育成してきました。
さらに、職員全体の意識を高めるために、4月には理学療法士の田村先生を招いての職員研修を行ったり、腰痛体操のポスターや腰痛ベルト着用を促すポスターを作製して掲示したりしてきました。
腰痛予防対策は、これからますます必要になっており、委員会でも指導者と連携しながら、継続的に取り組んでいきたいと思います。

そして、これからも、職員が生き生きと働き、利用者の皆様や地域の皆様に喜んでいただけるサービスを提供できるよう、職員の安全と健康に配慮していきます。

111


こころちゃんに、注目!

最近、やなぜ苑の広報誌に登場する機会が増えている、我が苑のマスコット”こころちゃん”。職員からの募集で誕生しました。
マーク
初代こころちゃんは、2つのやさしい手でハートを包みこむようにしていました。
その後、年2回発行の「やなぜの森」には、記事の内容にあわせたこころちゃんが次々と登場し、紙面をにぎやかに飾ってくれています。

《皆さんにお伝えしたいことがあるこころちゃん》
B
《少し恥ずかしがり屋のこころちゃん》
A

《やなぜ苑の風呂で温まるこころちゃん》
E
 このほかにも様々な表情や動きをしているこころちゃんが登場しています。中には、やなぜ苑職員によく似たこころちゃんもいるかもしれません。今後の広報誌の記事や写真ももちろんですが、こころちゃんにも注目していただけたら、ありがたいです。
                                      26年度広報委員会委員長  高田 由可子
 


ギャラリー
  • ショートステイのすてきな!作品を紹介します!
  • ショートステイのすてきな!作品を紹介します!
  • 広報情報委員会より
  • 職人の味!討ち入りそば
  • 職人の味!討ち入りそば
  • 職人の味!討ち入りそば
訪問者
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ