やなぜ苑 スタッフブログ

やなぜ苑での日々の出来事やスタッフの想いを更新中。

栄養室だより

 桜のつぼみも膨らんできました
春も、もう目の前ですね

春と言えば、出会いと別れの季節とも言われますが、
厨房でも春から新しい仲間が増えます!

それは…

image

新しい温冷配膳車です!!
春から、新館3階の稼働にあたり食数も増えるので、
1台導入することになりました。




▽今までは、ショートステイとホームで4台利用していましたが…。
image



▽春からは、5台です!(見にくいですが、真ん中に1台隠れています
image


利用者の皆さまにとって、食事は数少ない楽しみのひとつです。
その食事をあたたかいまま、冷たいままで決まった時間にお持ちすることは
飲食店やレストランでは当たり前に行われているサービスです。
温冷配膳車の導入により、利用者の皆さまにより良いサービスを提供していくと共に
安心安全、家庭的な料理をこれからも提供していけれるよう日々精進していきます。


                                     栄養室 栄養士



KNBこんにちは富山県撮影

女性が輝く元気企業とやま賞を受賞した企業ということで、社会福祉法人砺波福祉会が取材されました。
放送は、3月28日(土)9時30分からです。
P1000389

P1000391

放送をお楽しみに

特別養護老人ホームでの看取り研修


 3月6日、富山県老人福祉施設協議会主催の西部地区施設長研修が高岡文化ホールでありました。
 「なぜ看取り介護が施設で必要とされているのか」というテーマのもとNPO法人全国高齢者ケア協会 理事長 鎌田ケイ子氏の話をお聞きました。

 平穏死は、万人の願いであり、特別養護老人ホームでの死は、生活の延長線上にあること、また、「自然死はなぜ苦しくないのか」についても教えていただきました。


☆食事を食べない→脳内モルヒネが分泌される。
☆呼吸困難→酸欠状態で炭酸ガス作用(麻酔)がきいている。
☆脱水→意識レベルが低下し、ぼんやりする。
 以上のことから周囲の人が思うほど苦しくないそうです。

 午後からは、やなぜ苑が看取り介護の事例を発表させていただきました。
 あなたは、人生の終焉をどのように迎えたいですか。
 看取り介護の開始時期や介護内容については、これが正解と確信できず、悩みがつきませんが、皆さんに聞いていただき、問題提起になればと思います。


表紙柴田さん


                                               









ホーム 介護支援専門員

移り変わる砺波郷土資料館民具室

 庄東デイサービスセンターの近くにあった砺波郷土資料館民具室ですが、この度砺波市立庄東小学校への移設の為解体工事が始まりました。
 以前は、旧砺波市立般若中学校寄宿舎としての役割を果たし、地域の人達には思い出深い建物でしたが、解体されることで環境の変化や時代の推移を感じざるを得ません。

 砺波郷土資料館民具室は、今後砺波市立庄東小学校の3階に移り「砺波民具展示室」となります。また、直通のエレベーターが設置されています。

 展示品は、昔の田畑仕事の道具や生活用品等があり、デイサービスを利用されている方達にとっては、とても懐かしい道具や品物が多々見られる事と思います。

 最近は、認知症の進行予防に回想法がありますので、この機会に訪れてみるのも良いのではないでしょうか。

                                          庄東デイサービスセンター 所長

00000160130000016014

0000016012

CIMG4662CIMG4663

生き生きと働き続けることができるように・・・

社会福祉法人砺波福祉会では、すべての職員ががそれぞれの人生の段階に応じて、生き生きと働き続けることができるようサポートし、その能力を十分に発揮できる職場環境の整備と人材育成に積極的に取り組んでいます。

富山県でも県民のイクメン(育児を楽しむ男性)、カジダン(家事に積極的な男性)に対する理解を深め、男性の家事・育児参画の機運を一層醸成するため、イクメン・カジダン応援プロジェクトを実施しています。
その中で、男性で仕事と家庭の両立をされているロールモデルを紹介されています。
砺波福祉会の職員も掲載されていますので、ぜひご覧ください。
子育て中の男性はもちろん、今から結婚を考える方にも参考になるのではないかと思います。
http://www.ikumen-kajidan.net/?tid=100031

また、ロールモデルの方々による座談会の様子も掲載されました。
男性だけでなく、女性にとっても、仕事と家庭の両立できるポイントがたくさんでていますので、ぜひ読んでもらいたいです。
この様子については、パンフレットとなり、県内各所に配布されます。
http://www.ikumen-kajidan.net/?tid=100038
mainPhoto





そして、富山県の とやま★女性の活躍応援サイト においても社会福祉法人砺波福祉会が掲載されています。
http://www.toyama-challenge.jp/?tid=100151
2011年認定マーク3




これからも、「おかげさま」と「おたがいさま」とモットーに、全ての職員がその能力を発揮し、永く働いていけるような環境づくりに努めていきたいと思います。
また、育児と仕事の両立だけでなく、介護と仕事の両立もこれからの課題といわれています。
介護は一人で抱え込まずに、サービスを使いながら、両立させていくことが大切です!
介護について、困ったことがあるときも、ぜひご相談ください。
http://yanaze.org/contact.html

D

施設長コラム

 介護福祉士国家試験を受験された皆様は、筆記試験を終えられホッとしておられるのではないでしょうか。当苑では以前より毎年10月から受験対策講座を開催しており、今年度も口コミにより他施設から多くの参加がありました。
 近年、介護技術講習を受講されている方が大半ですが、実技試験に挑まれる方もいらっしゃいます。2月中旬の合格発表のあと、2週間余りの後に実技試験があります。この間、短期間で予想問題も含めて講習会を開催いたしますので、当苑まで詳細をお問い合わせください。今回は厚労省の腰痛予防対策指針改定を受けてのスライディングボードを使用した移乗に関する課題。或いは、過去に一度しか出題されていない認知症処遇に関する課題などが高確率ではないでしょうか。

 尚、3年以上の実務経験だけでの受験は27年度が最終となります。それ以降は、実務経験プラス実務者研修(受講費用 約17万円)修了が受験要件となりますので、真剣にチャレンジしてください。

                                                                施設長

成人式

成人を迎えた職員が成人式の後に遊びに来てくれました。
普段とは違う姿に皆さんびっくり!しながらも美しい姿に見とれていました。
DSC03600

サービス向上委員会職員研修

DSC03161


 昨年、10月27日(月)身体拘束に関する職員研修会を行いました。市役所より袴谷氏、湊氏、堀氏を講師に「高齢者の権利擁護を考える ~身体拘束の視点から~」の講義をしていただきました。講義の内容が分かりやすく、内容の濃い研修会となりました。
 今後も、サービス向上委員会ではやなぜ苑の接遇が少しでも良くなるよう努めていきたいと思います。

DSC03157

DSC03163

DSC03161





ショート 介護支援専門員 出村範子
 

あけましておめでとうございます!

昨年中はご利用者及び御家族の皆様、地域の皆様、関係機関の皆様から温かいご支援とご協力を賜わり、無事新春を迎えることができたことを心より御礼申し上げます。
今年も地域社会に貢献できる施設づくりを目指すと共に、全職員一丸となって心のこもったサービスを提供してまいりたいと思います。
今後も皆様の変わらぬご理解とご支援をお願い申し上げます。

P1000153

11

新しい車が来ました!

トナミホールディングス松寿会(トナミ運輸)より、社会奉仕活動の一環として、県内の福祉施設に車を寄贈されており、今年は砺波福祉会に寄贈していただきました。
DSC07338


射水市のトナミ運輸年金会館で贈呈式が行われ、理事長にに車両の鍵が手渡されました。
DSC07328

DSC07333

これからは、利用者の送迎などに使わせていただきます。
DSC07336

これからも、職員一丸となり、利用者の皆さんや御家族の皆さんに喜ばれるサービスを提供し、地域の皆さんに慕われる砺波福祉会として努めてまいります。
本当にありがとうございました!
ギャラリー
  • ショートステイのすてきな!作品を紹介します!
  • ショートステイのすてきな!作品を紹介します!
  • 広報情報委員会より
  • 職人の味!討ち入りそば
  • 職人の味!討ち入りそば
  • 職人の味!討ち入りそば
訪問者
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ