やなぜ苑 スタッフブログ

やなぜ苑での日々の出来事やスタッフの想いを更新中。

14歳の挑戦‼ byやなぜ苑

砺波市では、「社会に学ぶ『14歳の挑戦』」が毎年10月の第1週に行われており、近くのスーパーやガソリンスタンドでも、中学生の頑張っている姿を見ることができました。
 そしてやなぜ苑には、今年も8人の中学生が5日間頑張ってくれました。

 

自分自身に、そして社会に挑戦して得られたものは何だったでしょうか。

 

ちなみに…私が中学生の頃は、社会に出て何かを学ぶどころか、

ただ遊ぶことしか考えていなかったですけど…

 

今回の生徒の皆さんが挑戦したいことに挙げていたのが、コミュニケーションです。

実生活において関りの少ない高齢者に対し、なかなかうまく話すことができなかった生徒さんもいましたが、伝えるためには、相手の状態に応じて関り方を考えることが必要であるということは理解していただけたと思います。

口頭では簡単に言えるかもしれませんが、なかなか難しいものです。それでも、生徒の皆さんは、しっかりと、自分たちから関わろう、伝えようと努力した結果、与えられた課題(期間中にお年寄りの方々との共同作品を仕上げる)を見事にクリアされました。

 
IMG_1490


IMG_1491 - コピー

 

これからの社会に向けて、友達同士で交わすコミュニケーションから、一つ上の仕事や生きていくうえで必要になるコミュニケーションを考えられるようになっていただけた、と思います。

 

やなぜ苑で挑戦された生徒の皆さん、本当にお疲れさまでした。

これからの長い人生、少しでもやなぜ苑で学ばれたことが活かされることを期待しています。

 

                                     生活相談員 水木

稲の収穫をしました!

 実りの秋を迎えています。
 この夏、D棟の菜園はキュウリやトマトの収穫に加えて、朝顔の花々で私たちを楽しませてくれました。
 
 次に、私たちが楽しみにしているのが、6月にバケツに手植えしたコシヒカリの苗です
   (⇒6月のブログにあります!)

 9月中旬のある日、見事に稲穂の付いたバケツを持ちこみ、稲の発育状況を観察すると、もみの中に白いお米が出来ているのが確認できました。


IMG_4272
 「あらまあ、いっちょ前にお米がなっとるげ~
 「あっらー、なんとしたー  これコシヒカリやったけ
 「もっともっと黄色にならんと、稲り刈りできんわ
  と、いろんな声が飛び交いました。


IMG_4277
 一粒とって見ると、痩せてはいるが、なかなかの出来栄えです。
 収穫時期が待ち遠しくなりました。

 そしていよいよ稲刈りの日。慣れた手つきでカマを使い、次々と刈り取ってくださるみなさん。


IMG_4309
 なかなか刈れん もっと切れるカマを持ってきてくれんにゃ~


IMG_4310
 なんゆうとるが~ バ〇とカマ(はさみ?)は使い様やよ~
 よー切れるわー


 刈り取った稲は、束ねて稲を逆さにして乾燥させる準備をします。
 
IMG_4313
 みなさんは、我先に手慣れた手つきで、稲を縛ってくださいました。 さすがです。


IMG_4314
  こうやって、握って縛るがやよー


IMG_4315
 このワラ、細すぎてたよんないわー


 
IMG_4324
 収穫した稲を前にして記念撮影をしました。 この後は、脱穀してもみすり作業です。

 まだまだ、作業は残っていますが、昔の懐かしい農作業を思い出しながら、生き生きと作業をされました。

 私は、この後の収穫がとても楽しみで~す。


                                               D棟 施設ケアマネ



花嫁だったころを思い出して‥

 みなさんは、花嫁が嫁ぐ際にくぐるのれんの風習をご存じですか?
石川県を中心に北陸地方各地で見られる、
婚礼に用いられる特別な“のれん”のことです。

 諸説ありますが、のれんの多くは加賀友禅で仕立てられ、婚礼当日、婚家の仏間の入口に掛けられます。花嫁はそれをくぐって「仏壇参り」をした後、結婚式にのぞみ、式から1週間、仏間の入口にそのまま掛けられます。“のれん”は、婚礼当日から1週間のためだけに制作され、新婦の実家から婚家へ嫁入り道具の一つとして贈られるものだったそうです。

 色鮮やかで美しいのれんをやなぜ苑ご利用の皆様にもぜひ見ていただきたいと思っていたところ、
やなぜ苑の職員が実際使用された貴重な品を借りることができ、やなぜ苑まつりの際に展示させていただきました。

IMG_2944
 これは家紋の入った風呂敷と袱紗(ふくさ)だそうです。
 どの品も綺麗に保管してあったのだなと、感心してしまうほどでした。


IMG_E2945
 10月の第1週目にはD棟ホールに飾らせていただき、皆さんと一緒におめでたい絵柄を眺めました。

 「昔の花嫁さん方!」とお声がけすると、「ウフフ‥」と照れくさそうに微笑まれる利用者の皆さんと、自分が嫁ぐときの思いや覚悟、娘を嫁がせる親の思いなどを、懐かしく思いだしながらお話をすることができました。

 100歳の女性の方は、「自分は婿取りだったため、のれんはなかったが、娘2人には持たせたわ。婿のれん?そんなものつくらなかったわよ~」と話してくださいました。
 92歳の女性の方は「自分が花嫁の時は戦時中だったため、華やかなことはできなかったことに自分の親が負い目を感じ、せめて葬式の時に使うのれんでも‥と即席で”娘のためにのれん”を作ってくれたんや‥」と懐かしそうに話してくださいました。
 そして最近旦那さまを亡くされた89歳の女性は、「久しぶりに父ちゃんのこと、思い出したわ~。懐かしいもん見せてくれてありがとう!」と、泣き笑いの表情で話してくださいました。


 
IMG_4390
 あまりの美しさに職員も見とれてしまうほど‥



IMG_4368
 綺麗なのれんの前で、記念写真を撮りました。
 どこかしら、いつもより背筋がピンとしています。


IMG_4369
 昔、のれんをくぐったことを思い出して、何とも言えん熱い思いになったちゃ・・・


IMG_4344

 いつもとは違った表情の皆さんとお話しすることができ、
 素敵な時間を過ごすことができました。

                                               D棟 施設ケアマネ





敬老の日

9月16日は、敬老の日です。

敬老の日は、「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」ことを目的として、昭和23年(1948年)に祝日法として制定されたのが始まりです。

栄養室からは、敬老の日をお祝いした特別メニューを紹介します。


P1020350

 まず、松茸ご飯は、秋の季節を感じてもらいたくて、毎年この時期に提供しています。
   松茸の何とも表現しがたい香りを楽しんでいただきたいと思います。

 次に、錦糸しゅうまいの黄色・人参の赤色・ブロッコリーの緑色を合わせることで、見た目も彩り良く仕上げました。

 今回も、敬老の日ということで、お祝いの意味をこめて、紅白の寒天をメニューに取り入れてみました。


☆ 献立名 ☆
 * 松茸ご飯
 * 清汁
 * ぶりの照り焼き(錦糸しゅうまい・にんじん)
 * ブロッコリーかにあん
 * 紅白寒天(トマト・豆乳)



                                               栄養室 栄養士

「やなぜ苑まつり 2019」

今月 9月29日 「やなぜ苑まつり 2019」 が開催されます


昨年は台風の接近にともないやむなく中止に…
今年はぜひそのリベンジをと考えております


ステージでは芸術の秋にふさわしく

「福美会」さんによる民謡舞踊に

「庄西中学校」のみなさんによる吹奏楽演奏

「龍花」さんによる和太鼓演奏と充実のラインナップ

そして、みなさんも心待ちにされているやなぜ苑職員「こころちゃん劇団」による寸劇パフォーマンスもあり
見ごたえ充分です。


飲食コーナーでは

「えみちゃんのあったか亭」さんによるうどんやビール

「福祉作業所油田」さんによるもっちりん娘

「菓子工房メルヘン」さんの手作りパン

有志ボランティアさんによる鮎の塩焼きなど、多数の出店をいただきます。

苑からも焼きそばにフランクフルト、助六にサンドイッチ、そして、無料の豚汁と、定番のメニューをご用意しております。
ぜひご賞味あれ


体験コーナーでは

学生ボランティアさんにもご協力をいただき、お子さんから大人の方まで参加できる

「魚釣りゲーム」
「高齢者疑似体験」をご用意しております。

みなさんご一緒にお楽しみ下さい。



展示コーナーでは

やなぜ苑スタグラムと題して
介護の職場、写真・映像展を行います。

日々の生活の中にあふれる利用者、職員の笑顔を見て、ぜひ癒されていただきたいと思います。


~つなごう手と手 つなごう心の輪~

笑顔にあふれた楽しい時間となりますよう、皆さまのご来苑を心よりお待ちしております。


                                       2019 やなぜ苑まつり実行委員長

8月14日、暑い夏の1日‥

暑い暑い夏が続いていますが、皆さんいかがお過ごしですか?

今回は、D棟でのお盆前の様子をお知らせします。
まずは、グリーンカーテンです。

IMG_4101
アサガオで作ったグリーンカーテンが見ごろを迎え、10個以上のきれいな花が、
毎朝、私たちを楽しませてくれます。



IMG_4086
D棟の菜園では、キュウリやなすびに代わって、ミニトマトが真っ赤な実をつけています。
おいしくなることを願って、利用者様に水遣りを手伝ってもらいました。


IMG_4095
バケツを利用してこしひかりの稲を育てています。
利用者様に水やりを手伝っていただいたお蔭で、稲の穂も順調に育っています。


IMG_4102
ついに稲穂が見られ、思わずふふふ・・・と微笑みました。


次は、ホールでの一コマです。

利用者様に、D棟ホール中央にある仏壇の仏具の清掃を手伝ってもらい、お盆を迎える準備をしました。
DSC02692
タオルをお渡しすると、1枚は自らの頭に巻かれ、これをしないと調子が出ないと言われ、
手際よく磨いていただきました。


DSC02691
慣れた手つきで分解して、細かい部品もこのとおり、ゴシゴシ・・・・・!

DSC02689
細かいものから、仏壇の扉の桟(さん)の部分まで、丁寧にほこりを拭き取ってくださいました。

磨いていただいた後の仏壇は光り輝き、
「明日からのお参りが楽しみやちゃ・・・」と、楽しそうに話しておられました。

 暑さは、まだまだ続きそうです。利用者様もブログをご覧の皆さんも、体調管理には十分気を付けて
暑い夏を乗り越えていただきたいと思っています。
                                            D棟ケアマネ
 


いいケアを目指します。

認知症向上員会では7月24日に勉強会を行いました。
テーマは、「悪性の社会心理」です。
「悪性の社会心理」とは、その人らしさが損なわれ、認知症の人と介護者の間に悪循環が起こる原因となるものです。
今回は、職員の皆さんんに、認知症の人と介護員との間に悪循環が起こる原因となるものは何か、寸劇を交えて実演してもらいながら学んでもらいました。

IMG_2104

IMG_2097[1]

IMG_2095

これからも、利用者様に不安を与えず、信頼していただけるような介護とは何かを常に考えながら、関わっていきたいと思っています。
                                 認知症ケア向上委員長
                                          澤田

ふれあいのひとときを大切に

 もう一度、昔のように畑仕事をしてみたいという利用者様のリクエストにお応えして、一緒に作業するふれあいの時間を大切に、また、たくさんの収穫を期待して、D棟の食堂横のテラスで家庭菜園をしています。


IMG_3992
キュウリやなすびは、草にも負けずなんとか育っています

IMG_3987
一緒に収穫したきゅうりは、昼食や夕食のお皿をにぎやかにしてくれています。

IMG_4054
「今日は僕がやりましょう」と、得意の腕前?を披露してくれました。

普段から職員が行う何気ない作業にも興味深く尋ねてこられます。・・・
IMG_4065
電動ミシンで破れたエプロンを直していると、このミシンはどこのメーカー使ってる?
と聞いてこられました。

IMG_4068
そばに座ると日頃からお世話になっているからね・・・と、必ず肩もみをしてくださる利用者様。
ほっとする時間が流れます。

IMG_3411

他の利用者様におやつ介助していると、突然後ろから肩もみ・・・・!
普段からの日常の一コマですが、何かほっとするひととき。

何気ないこの時間を大事にしていきたいと思っています。
                                 D棟ケアマネ

たくさんの方々の支援に感謝です!ありがとうございます‼


やなぜ苑・柳瀬体育館清掃ボランティア

 

7/28(日)午前9時、時折強く降る雨にも負けず、
続々と庄西中学校の生徒の皆さんが、柳瀬体育館に集まって来られました。

今日は、庄西中学校の生徒・PTA・教職員の方々による、
やなぜ苑と柳瀬体育館の2か所の清掃ボランティア活動の日です。


IMG_1142
 柳瀬体育館での開会の挨拶

役員の方々とは、事前に打ち合わせを済ませていましたので、
開会後すぐに活動開始です。
心配していた雨も活動開始前にはあがり、
一転強い日差しを受けての活動になりました。

 
IMG_1144
 正面玄関付近の清掃 窓ガラスのごみを払い落す エイッ!

IMG_1158
 正面玄関の清掃 役割分担でてきぱきと・・・

IMG_1149
 デイサービスでの窓清掃 窓のサンにも注意を払い・・・

IMG_1148
 デイサービスでの窓拭き 透き通るようにきれいになりました

IMG_1162
 ショートステイの居室での清掃 細部にまで心を込めて・・・

IMG_1147 - コピー
 送迎自動車もきれいにピカピカになりました!!
 利用者様に気分良く乗ってもらえそうです。


普段、なかなか入る機会の少ない介護老人福祉施設でのボランティア活動です。
どのような状態の利用者の方が利用されて、どのように職員が働いているのか、
施設はどんな作りになっているのか。

私たちとすれば、清掃ボランティアは大変ありがたいですが、それ以上に、
たくさんの皆さんに施設を見ていただく大変良い機会になったことも
とてもうれしく思っています。

 


庄西中学校の生徒会福祉委員会を含め、生徒の皆様、教職員の皆様、ありがとうございました。
そしてこの活動を進めていただきました、PTA第2委員会の皆様、
事前の準備から当日の引率まで、本当にお疲れ様でした。

大変ありがとうございました。


特別養護老人ホームやなぜ苑:水木

 


働きやすい職場づくりの取り組み

富山県商工労働部の平成30年度障害者雇用好事例集に砺波福祉会が紹介されています。
これからも、障害者の方も一緒に元気にやりがいをもって働けるように取り組み、より良いサービスを提供できるよう努めていきます。
IMG_5233

IMG_5246



ギャラリー
  • とやま健康企業宣言
  • とやま健康企業宣言
  • サービス向上委員会
  • 七夕☆
  • 七夕☆
  • 第2回パワーアップランチ
訪問者
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ