朝晩の冷え込みが厳しくなって、秋の深まりを感じる頃となりました。
そんな中、10月30日(木)にフェリーチェ弦楽四重奏団の皆さんをお迎えして、やなぜ苑でミニコンサートが開かれました

素敵なドレスに身を包んだ綺麗なお姉さん達の登場に、思わず自然に拍手が

演奏は、カノンから始まり、童謡、音頭リズムのメドレー
P1010592



演奏が進むにつれ、利用者の皆さんもうっとり

表情豊に関西弁の楽しいおしゃべりもあり、こんなにたくさんの男性職員がいたかしら?と思うくらい。音色に誘われて、職員も聞きほれ、癒しの時間を過ごさせていただきました。
P1010593

手拍子をしたり、動く手足でリズムをとったり、歌を歌ったり...

楽しい時間は、あっという間に過ぎてしまい、「もっと聞きたい」と利用者の皆さんの拍手が鳴りやまず、アンコールも2曲演奏してくださいました。
P1010599

「フェリーチェ」とは、イタリア語で「幸せ」の意味だとか。
本当に幸せなひとときをありがとうございました。
このご縁が、また続きますように・・・