やなぜ苑 スタッフブログ

やなぜ苑での日々の出来事やスタッフの想いを更新中。

2021年01月

ありがた~い 法話会を開催


 私達、看取り委員会が取り組んでいる活動を紹介します

 看取り委員会では、毎月、法話会を開催しています。

 市内にある真宗大谷派 常福寺の高島副住職に来ていただき、D棟食堂にある仏壇において、法話会を開催しました。

 利用者さまは、お経を唱えながら静かに手を合わせ、皆さんが自宅で毎朝お経をあげられていた時のことを思い出されたり、思い思いの個人をしのぶことができる機会を設けています

IMG_5869
皆さま真剣なまなざしでお焼香をされました


IMG_4130
副住職が唱える 正信偈に合わせて、大きな声で合唱しておられました

IMG_3436


 副住職の説教を聞いた後、利用者の皆さまは穏やかな表情で
     「ありがたい話が聞けてよかったちゃ~」と言って喜んでおられました。

 利用者の皆さま毎月1回のやなぜ苑法話会を、これからも楽しみにしていてくださいね


                                         看取り委員会 委員長 浅谷

プチトマト、たくさん いただきました!

 
  婦中町の国道359号の「ホーライサン」近くにあります富山環境整備さんのアグリ事業部
(山間に、たくさんの大型ハウスが並んでいるところです)
 の㈱Smart Forestさんより、通年栽培されているフォレストフルティカという
 フルーツトマトをたくさんいただきました。

  ここで、栄養士からミニコメントです。
  トマトには、美味しいだけでなく、トマトに入っているビタミンAには、抗発ガン作用、免疫賦活
 作用、喉や肺など呼吸器系統を守る働きがあります🍅ので、

  ぜひ、みなさんも覚えておいてくださいね!

 
  それでは、みなさんと一緒にいただきましょう・・・・・  

IMG_3793

IMG_0080
 そんなでかいと、いっぺんに食べられんよ!



まずは103歳の利用者さんがお味見⁉ 上手にヘタをとり、皮をむいてから・・・

IMG_0102
IMG_0106
 イヤーっ! 甘いねー ヘタは器用に出されました。



栄養室ではオムレツに添えて・・・トマトを添えました

IMG_0116
IMG_0117
 こんな出来栄えです。食べやすいように皮をむいてあります。



 D棟ではお披露目のあとヘタをとって湯むきし、シロップ漬けに・・・

IMG_8099
 みなさ~ん! これ何かわかりますか???
 
  今頃珍しい、おいしそうなトマトをたくさんいただきましたよー


IMG_8195
 すぐ食べるがやと思ったら、のどに詰まるから皮むきせーやと


IMG_8102
 そのかいあってか、美味しそうに出来上がりましたよ~

IMG_8103
 でかいとあるけど、少しづつですよ。
 もったいないがでないが、のどに詰まるからですよ~



 BC棟では、料理上手なN介護員の手により甘酸っぱくておいしいトマトジャムになり、

お誕生会のデザートになりました。

IMG_4135
 たくさんのミニトマトありがとー


 SmartForestさん、ごちそうさまでした!

                            

                                               やなぜ苑 栄養士


寒ーい冬到来!!

 私は、昨年末念願のメイドイン新潟の「ステンレス製湯たんぽ」を購入しました。(中々使い心地良いです)

 便利過ぎるこの時代に湯たんぽ⁉と思われるかもしれませんが、愛用者は結構いるようです。

 ここ、やなぜ苑の利用者様の中には手足が冷たかったり、暖房を入れていても体温が上がりにくい方がいらっしゃいます。そんな時「ペットボトル湯たんぽ」が役立ちます。
(低温やけどに注意しながらタオルにくるみ使用します)

 湯たんぽは、乾燥知らずで、暖房を付ける回数を減らす事が出来るかもしれません。

 コロナ禍で、自宅で過ごす時間が増えた事や、新しい生活様式を考える中で、便利を求めるだけでなく、少し手間のかかる事に目を向ける楽しさを味わっている今日この頃です。




                                   ホームD棟 統括介護員

新年のごあいさつ

 2021年の年頭にあたり、謹んで新年のごあいさつを申し上げます。皆さまにおかれましては、健やかに新春を迎えられたこととお慶び申し上げます。

 早いもので、当施設が開設されてから今年春には30周年を迎えることになりました。当初50床でスタートした特養ホームは、現在は100床まで増床するとともに、2013年にはショートステイの増床に向けて新館を整備したところであります。

 しかしながら、全国的な介護現場の人手不足の影響を受け、100%の稼働ができない状況が続いております。さらには、昨年からの新型コロナウイルスの影響で、「3蜜を避けた新しい生活様式」が求められるなど、重症化リスクが高い高齢者をケアする介護施設にとっては、大変に重大な局面を迎えております。

 そのような中で、職員一同は一丸となって、介護サービスを利用する皆さまが、笑顔で楽しく過ごせる環境づくりに努めてまいりたいと、日々奮闘しているところであります。

 今年は丑年、牛歩にちなんで着実に一歩ずつ、地域の中の社会福祉法人として介護事業を進めてまいる所存でありますので、今後ともご支援ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。


                   社会福祉法人 砺波福祉会
                     理事長  齊 藤 和 芳 
   

ギャラリー
  • 令和3年度 運営方針
  • 希望に満ちた春がやって来る
  • 希望に満ちた春がやって来る
  • 希望に満ちた春がやって来る
  • 春を感じる!!!ちらし寿司✨
  • 素敵な作品ができました
訪問者
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ