庄東デイでは、毎月1回音楽活動を行っており、この音楽活動を出前講座としても行っています。 

 始まりの曲は、皆さんもよく御存知の”世界の国からこんにちは”です。
1970年の万国博覧会に歌われたこの曲に合わせ、参加者の方と握手しながら歌うことで、心が打ち解け何故か仲良しになれます。
次に何をするのかな?と興味を抱き始めた頃に、日ごろ施設でも行っている口腔体操を行い、引き続き指先を使った体操として、バルーンアートを行っています。

 バルーンアートは、難しいというイメージがありますが、いざ行ってみると皆さんとても積極的であり、個性豊かな作品を仕上げられています。デイの職員の中には、プロ並みに色々なキャラクターの作品を作られる方もおり、お土産としても大変人気があります。また、曲に合わせた体操も行っていますが、脳トレとして、歌詞とメロディの入れ替えという本来あり得ない事をします。実際に”うれしい ひなまつり”と”あぁ 人生に涙あり”(水戸 黄門さまのテーマソング)で歌ってみると、あーら不思議ぴったりとメロディが合うのです。疑ってみた方は、こっそりと歌って見てください。
 音楽の持つパワーを感じていただけたでしょうか。そしてこれが音楽活動の醍醐味だと思います。音楽活動での一端をご紹介しましたが、歌の交互唱等まだまだ奥深い事がたくさんあります。まずは何事にもチャレンジして一緒に楽しみましょう。


DSCN1126DSCN1110

                                                    庄東デイ 所長