3月28日、法話会を実施しました。

 この日を楽しみにされていた利用者の皆さま。

「おぼうさんの声聞こえるように、前の席いかんなん!」

「ろうそくは赤色やよ。間違えられんよ!」

「どこのおぼうさん、来られるがや?」



 開始2時間前から、なんとなくそわそわ感が漂います。

お仏飯、仏花、お供え物、赤い蝋燭に焼香台…利用者様に確認して

いただきながら会場準備が整いました。
 

DSC02372



 勤行と法話は、砺波市大窪の常福寺 高島副住職よりいただきました。
 
 参加者全員で経本を手に持ち、正信偈を唱えました。

御焼香された利用者様は、仏様をみつめ静かにお参りされていました。

 

DSC02394





 高島副住職からは『二河白道(にがびゃくどう)』のお話を


分かりやすくパネルを使って説明していただきました。


~「二河」は南の火の川と、北の水の川。火の川は怒り、水の川はむさぼる心の象徴。

その間に一筋の白い道が通っているが、両側から水火が迫って危険である。

しかし、後ろからも追っ手が迫っていて退けず、一心に白道を進むと、

ついに浄土にたどりついたという話。

煩悩にまみれた人でも、念仏一筋に努めれば、悟りの彼岸に至ることができるのである~

DSC02397





 
熱心に聞いておられたある利用者様は、

「昔は常にこう思って、仏さんに参り、日々を過ごしていたことを思い出した。

そうやって日を過ごしていたことも忘れとったわー」

と言われました。仏様や御念仏が、皆さまの生活に昔からしっかり

根付いているんだなと感じました。


DSC02388



 午後のおやつには、お供えしたお饅頭をおさがりとして、ありがたくいただきました。

 
 苑では久々の法話会。この法話会は、今後も毎月行うことにしております。



           看取り介護委員会 委員長  高田由可子