昨年度は、身体拘束マニュアルを見直し、スピーチロック(言葉による身体拘束)について追加しました
 
 今年度の取り組みは、居宅系サービス及び、施設系サービスについて身体拘束の指針を整備し、適正化を図るために「身体拘束ゼロ委員会」を定期的に開催していきます。

 8月20日には、職員を対象に接遇の研修を予定しており、準備をすすめています

 『人より先に明るい挨拶、笑顔をプラス』
   『自分がされて嫌なことはしません』
 
 を目標に苑全体で取り組めるように活動していきます 
                       
                                         サービス向上委員会 委員長