風の画像
 ボランティアの皆様には、日頃より、当法人の運営にご協力を賜り本当にありがとうございます。

今年も1月から感染症予防対策のため、ボランティアの皆様には活動をご遠慮させていただいておりましたが、4月から再び活動を受け入れさせていただいております。

 

昨年度は、やなぜ苑まつりなど大きな行事が悪天候により中止となりましたが、それでも述べ約900人の方々に活動していただきました。各種団体やグループそして個人による、シーツ交換・清掃、喫茶、話し相手、行事補助、慰問などにより、利用者様の日々の生活に潤いを与えていただき、そしてより充実したものとなるよう協力していただいております。

また、私たち職員とすれば、ボランティアの皆様の目により、評価を受けていると思っております。活動していただいてのご意見やご感想から、提供するサービスの在り方や利用者様を含め外部の方々に対する接遇を振り返り、外部からの優しい風、時には厳しい風として受け止めさせていただいております。

 

先のブログでは、労働安全衛生委員会としての「あいさつ」をテーマとした取り組みの中に、

『利用者様やそのご家族、また地域の皆様から信頼される関係性を築くことができる』

という項目が入っております。

 

まずは、活動していただいているボランティアの皆様の信頼を損ねることなく、日々の業務、サービスの提供、そして挨拶を含めた私たち職員の接遇が、さらに向上していけるよう努めてまいります。

 

新緑が目に映え、気持ちよく優しい風を感じる季節です。


厳しい風も追い風と捉え・・・そして優しい風にやなぜ苑が包まれますように。

 

                                   生活相談員 水木淳司
風の画像