近頃、暑い日が続き、食欲がわかないということはありませんか?しかし、あまり食べないことが続くと疲労はたまっていきます。
そこで今回は暑さ対策に必要な栄養素を紹介します。

①ビタミンB1
豚肉やレバー、大豆製品に含まれるビタミンB1はエネルギー代謝や疲労回復に効果的です。

②ビタミンC
パプリカやキウイに含まれるビタミンCは紫外線や夏風邪予防に効果があります。

<おすすめ料理>
☆豚肉とピーマンのにんにく醤油炒め
9D54DA04-FC70-469A-B5D5-0D596E74439A

材料:豚ロース(薄切り)100g、赤・黄パプリカ各1/2個
ピーマン1個 酒大さじ1/2、醤油小さじ1/2(下味用)、片栗粉小さじ1
塩こしょう少々 ごま油適量 にんにくチューブ2cm
醤油小さじ2(味付け用)

作り方
①肉を食べやすい大きさに切って酒、醤油、片栗粉、塩
こしょうで下味をつける。パプリカとピーマンは乱切りに切る。
②温めたフライパンにごま油とにんにくチューブを入れて肉を炒め、焼き色が着いたら野菜を加える。
③野菜が柔らかくなったら醤油と塩で味付けをして完成


※にんにくと豚肉を一緒に摂ることでビタミンB1が体に吸収されやすくなります!

バランスのよい食事を摂って夏も元気に過ごしましょう

栄養室 栄養士