ご利用者・ご家族・ご関係者の皆さまへ

 

新型コロナウイルスへの対策について

 

日頃より、当施設をご利用いただきありがとうございます。

さて、新型コロナウイルス拡大防止対策として、東京都をはじめ一部の都府県に「緊急事態宣言」が発令されました。県内においても急速に感染が拡大しており、多くの感染者が発生しております。

当施設では、これまでどおり安全・安心なサービスの提供ができるよう、以下のとおり対策を講じておりますので、ご関係の皆さまにもご理解とご協力をいただきますようお願いいたします。

 

●施設内対策

・職員には、出勤前の検温、手洗い、マスク着用、問診表を記入すること。

・施設内設備等の消毒として、ドアノブや手すり等を次亜塩素酸ナトリウム溶液で
 消毒
すること。

・不要不急の外出を控え、3つの密を避けること。

 

●ホーム入所者の方々に対して

・原則として面会制限(令和232日~)を継続します。

 

●居宅サービス利用者の方々に対して

・ご利用当日の朝(送迎車輛に乗る前)には検温していただき、37.5℃以上の発熱や咳、のどの異常、倦怠感などの症状が見られた場合は、サービスのご利用を控えていただくこと、またご利用中にも発熱などが見られれば、ご帰宅または受診をお願いする等の対応をとらせていただく場合があります。

 

●業者の方々に対して

・施設内に入るには、玄関先での検温、手洗い、マスク着用、問診表を記入する
 こと。

 

この対策は、新型コロナウイルスの流行が終息するか、対策が不要となるまでの当分の間継続いたしますので、ご理解いただきますようお願いいたします。

 

最期になりますが、

ご関係の皆さまも、どうか健康に注意して過ごされますように。

 

特別養護老人ホームやなぜ苑

施設長 齋藤 幸二

リスクマネジメント委員会