新型コロナウイルスへの感染防止対策のため、来苑される皆さんには、窓口で体温測定をお願いしています。

現在使用している体温計は、非接触式体温計(鉄砲みたいなやつ)を使っていますが、

毎回、担当者が検温しなければならないことや、来苑者さんのおでこに体温計を当てることに、少なからず抵抗がありました。・・・・・高かったら やばいなぁ~

 
 そこで、それらを解消すべく登場したのが、新型の顔認証温度検知システムです。(写真)

 これは、富山ファーストバンク社会福祉基金の助成を受けたもので、来苑される皆さんが一人で安心して検温できますので、非常にありがたく、感謝しております。

YFYI1930

 設置場所は、本館の正面玄関と、新館の玄関にあります。

 隠れた秘密あり
 
 この体温計のすごいところは、体温を測定するだけでなく、マスクを着用していないと、「マスクを着用して下さい!」と音声通知とともに、赤い「入場禁止マーク」が表示されます。

 また、体温が37.5度以上の方には、同じく赤い表示でアラームが鳴り、入場できません。

 
 今のところ、非接触式体温計に比べて、反応も早く、体温の誤差も少なく、問題なく機能しています。

 
  これで、少しでも来苑される皆さまへのスムーズな検温と、職員の負担軽減につながるものと思っております。
 
  富山ファーストバンクさんありがとうございました。

                                              労働安全衛生委員 川合