2021年の年頭にあたり、謹んで新年のごあいさつを申し上げます。皆さまにおかれましては、健やかに新春を迎えられたこととお慶び申し上げます。

 早いもので、当施設が開設されてから今年春には30周年を迎えることになりました。当初50床でスタートした特養ホームは、現在は100床まで増床するとともに、2013年にはショートステイの増床に向けて新館を整備したところであります。

 しかしながら、全国的な介護現場の人手不足の影響を受け、100%の稼働ができない状況が続いております。さらには、昨年からの新型コロナウイルスの影響で、「3蜜を避けた新しい生活様式」が求められるなど、重症化リスクが高い高齢者をケアする介護施設にとっては、大変に重大な局面を迎えております。

 そのような中で、職員一同は一丸となって、介護サービスを利用する皆さまが、笑顔で楽しく過ごせる環境づくりに努めてまいりたいと、日々奮闘しているところであります。

 今年は丑年、牛歩にちなんで着実に一歩ずつ、地域の中の社会福祉法人として介護事業を進めてまいる所存でありますので、今後ともご支援ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。


                   社会福祉法人 砺波福祉会
                     理事長  齊 藤 和 芳